ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
2019.02.19 Tuesday

ブリヂストン 1985年式ロードマン レストア

昨年の12月に仕入れたロードマンのレストアがやっと完成しました。

 

元の状態

オリジナルの状態からバーテープのみ変更された1985年式です。

ロードマンの美しさのポイントであるフロントの泥除けが、間違って取り付けられております。

フロントフォークの後ろ側ではなく、フロントフォークの前側で留めるのが正解です。

当時もこの間違いはよくありました。

 

細部

このヘッド部分をどう再生するのか悩むところです。

ピラーには無理にこじった傷が無数に…

MTBのようなごついペダル

 

写真では綺麗に見えますが、塗装剥がれや錆が結構あります。

 

全バラしクリーニング、錆取り、塗装のタッチアップをしました。

消耗品、再使用不可部品を新品交換し組立(もちろん各部グリスアップも)

 

細部

『B』のステッカーがボロボロの為、マスキングして塗装です。

ブルーの塗装が剥がれている部分は下地にシルバーを塗り、その上クリア―ブルーを塗り削っては塗るを繰り返しここまで仕上げました。

リアディレイラーは分解してクリーニングしましたが、構造が特殊で組付けは大分苦労しました。

チェーンも新品交換ですが、純正と同じ黒金が見つからず、シルバーに。

純正のシートピラーは傷だらけでどうにもならないので、新品に交換

純正のペダルはベアリング部の樹脂カバー割れている為、再利用不可と判断し新品交換

クランクは再塗装、ブリヂストンのマークもマスキングで再現しました。

ブレーキアウターは日泉を使用。雰囲気がとても良いです。

バーテープはコットンで当時仕様でステム側から巻きました。

 

全体

リアの反射板外装は傷だらけだったので、パテ埋めし塗装で綺麗にしました。

 

当時グッドデザイン賞を受賞したスーパーコルモ 703、今見ても美しいです。

フロントのチェーンリングは3枚に改造出来るようでが…

 

パーツの入手を含め約2ヶ月間掛かりましたが、何とか完成です。

もちろん販売致しますので、是非現物をご覧ください。

フレームサイズ530で身長は170cm前後の方が最適かと思います。

 

宜しくお願いします。

 

 

2019.01.11 Friday

折畳自転車のプチカスタム

 

今回はジャイアントの20インチ折畳自転車

フレームの造りがMTBのようなゴツさで、タイヤの太さが1.35は細くてバランスが悪いので、1.75のスリックタイヤに変更します。

 

タイヤの重量は重くなりますが、段差の乗り越えた時のショックが柔らかくなりますし、見た目のバランスも良くなりました。

 

スクーターのようなスリックタイヤ 16X1.75と20X1.75の在庫有りますのでプチカスタムに如何でしょうか?

 

 

2019.01.08 Tuesday

新年

遅くなってしましたが・・・・・

 

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年お店に来て頂いたお客様、本当にありがとうございます。

 

 

思い起こせば、昨年の元旦は天井のペンキ塗りをしていましたが、そこからあっという間に1年が過ぎました。

 

 

4月に店をオープンした後も少しずつ内装や外装を変えていき、今に至っております。

 

まだまだ店舗の改修は終わりませんが、コツコツと進めていく予定です。そろそろ1階のガレージも改修を始めます。

 

1歳7ヵ月の息子が走り回る賑やかな店内ですが、お客様に必要とされるよう努力してまいりますので、本年もよろしくお願い致します。

 

2018.12.29 Saturday

年末年始のお知らせ

 

お店は通常通り営業致します。

 

元旦は、自家製お汁粉ご用意する予定ですので、ふらりとお立ち寄りください。

 

ご来店お待ちしております。

 

Instagram→h.b garage

 

Instagramにて「本日のデザート」情報アップしておりますのでご覧ください。

 

 

2018.12.23 Sunday

FUJI COMET メンテナンス

倉庫に保管していた自転車の消耗品交換とメンテナンス依頼

 

FUJI COMET オリジナルに対しサドルがブルックスのB17に変更されております。

タイヤ、グリップ、アウターケーブルが寿命を迎えていますが、その他はクリーニングで済みそうです。

 

現状把握し、まずはバラします。

 

分解後、徹底的にクリーニング、錆取り、グリスアップ、ホイールの振れ取り

今回タイヤとグリップを交換しますが、ブルックスの黒に合わせ購入品も黒に統一します。

白タイヤや白グリップははじめはきれいですが、汚れてくると汚く見える為、あまり使わないようにしております。

グリップは人口革で、手の平の乗る部分が広くなってものを使います。フラットバーでこの形状は手が物凄く楽になります。

 

 

綺麗になった各パーツを組付けて調整し完成。

サビているボルトも新品に変更しております。細かい部分が光っていると全体が締まります。

 

 

ご予算に合わせたカスタム、メンテナンス承りますので、お気軽にご相談下さい。

Powered by
30days Album
PR